「抑うつ症状」と「ゆううつな症状」の違い

うつ病の判断は難しく、「やる気が出ない」、「気分がゆううつ」、「集中できない」、「寝つきが悪い」などといった曖昧な症状が多いので、患者さん本人でも、疲れているからとか、仕事が忙しいからと判断してしまいがちです。また周囲の人には怠けているのでは、とか甘えているのでは、と勘違いされる場合もあります。
そうしたことからなかなか診察にも行けず、診断が遅れて、気が付いた時にはうつ病が悪化していたと言うケースがよくあります。
うつ病では「早期発見」「早期治療」がとても大切になってきます。患者さん本人が病気を自覚することはもちろん一番大切ですが、家族などの周囲の人も病気を理解して、患者さんにやる気がなく、学校や仕事へ行きたがらず、食欲が減退したり、衰弱しているようでしたら、早めに専門機関に受診することを勧めてください。適切な治療を受けることが、うつ病を克服する重要なポイントとなってきます。

では、仕事や人間関係などで一時的にストレスを受けて「やる気が出ない」、「気分がゆううつ」、「集中できない」、「寝つきが悪い」などのが出た場合と、うつ病の「抑うつ症状」の違いはどこなのでしょうか?
一時的なストレスで不調を訴える場合は、そのストレスの原因が解消されると体調も回復してきます。
うつ病の場合は、抑うつ状態が数週間から長い場合は年単位で継続的に続きます。
その他のうつ病の症状としては、気分転換などをしてみても楽しいと感じられなくなったり、疲れや眠れない状態が続いたり、仕事や家事に対してやる気が起こらず日常生活に支障をきたしたりもします。また、朝方になると特に気分の落ち込みが激しい人は注意です。うつ病の症状の大きな特徴として、「日内変動」というものがあり、1日の中で症状の程度が変わっていくというものがあります。うつ病の場合朝方に気分の落ち込みが最も悪くて、夕方から夜へと、時間が経つにつれ徐々によくなってくると言われています。
ストレスが原因の「ゆううつな症状」も同じように日常生活に支障をきたすこともありますが、継続して症状が続かない場合はそれほど心配することはありません。
これらの症状が継続的に続いている方は、一度、専門機関に受診してみましょう。

イラスト_2